1. ホーム
  2. エリア別攻略
  3. 竜王の城

竜王の城

ドラクエ1のラストダンジョン。ラダトームの城から海を隔てて目の前に見えますが、3人の賢者からすべての神器を受け取らないと入ることはできません。1Fには玉座らしきものがあるものの、竜王の姿はありません。竜王と戦うには広大な地下迷宮を最深部まで進む必要があります。地下には勇者ロトが使っていた最強の剣が隠されているので、最終決戦の前に必ず入手しましょう。

訪れるタイミング

  • リムルダール北西の岬で「にじのしずく」を使った後

入手アイテム

アイテム名 階層 入手場所・入手方法
約500G B3F 南西の行き止まりの宝箱
やくそう B3F 南西の行き止まりの宝箱
ロトのつるぎ B1F 中央の宝箱
のろいのベルト B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
ふしぎなきのみ B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
やくそう B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
約425G B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
まほうのカギ B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
約505G B7F 鍵のかかった部屋の宝箱
キメラのつばさ B7F 鍵のかかった部屋の宝箱

出現モンスター

モンスター名 HP EXP G 注意すべき攻撃・特徴
キラーリカント 60 95 155 -
スターキメラ 73 105 169 ベホイミ
ドラゴン 67 135 160 攻撃力が高い
だいまどう 70 120 185 マホトーンベギラマ
あくまのきし 79 130 165 ラリホー
キースドラゴン 98 180 150 攻撃力が高い
ストーンマン 160 155 148 HP、攻撃力が高い
しにがみのきし 95 172 152 攻撃力が高い、ベホイミベギラマ
ダースドラゴン 105 350 143 攻撃力が高い、マホトーン

攻略チャート

リムルダール北西の岬で「にじのしずく」を使った後

  1. 1Fの玉座の後ろを調べる → 隠し階段が出現
  2. B7Fで竜王に話しかけ、「いいえ」を2回連続で選択
  3. りゅうおう(変身前)を倒す
  4. りゅうおう(変身後)を倒す → 光の玉を取り戻す
  5. ラダトームの城へ行く

攻略ポイント

1Fの正規ルートは玉座の裏

1Fには鍵のかかった扉が2つありますが、どちらも入って階段を下りたところで行き止まりになっていて、宝箱なども一切ありません。「まほうのカギ」を無駄に使うだけなので、1Fの扉は開けないようにしましょう。竜王の城に入ったら最初の分岐は左に進み、玉座がある部屋まで行ったら、その玉座を調べてみると後ろから風が吹いていることが分かります。そこで玉座の真後ろの床を調べてみると隠し階段が見つかり、ここから竜王の潜む地下迷宮へ下りることができます。

B4Fから階段を上がって最強の武器を入手

B1FとB2Fは時計回り、B3Fは反時計回りに進めば次のフロアへ進むことができます。B4Fまで下りたら、壁に燭台がある区画の階段を上がりましょう(下り階段は無限ループするだけで先へは進めません)。ここからB1Fまで上がったところで最強の武器「ロトのつるぎ」を入手できます。

ダースドラゴンを倒してレベルを上げる

B4F右奥の階段からB5Fの通路へ下りると、ここからはワンランク強力なモンスター(しにがみのきし、ダースドラゴン)が出現するようになります。ダースドラゴンを倒せば350もの経験値を入手できるので、竜王戦前のレベル上げには格好のターゲットです。Wii版やスマホ版ならば中断セーブをしながらここで経験値を稼ぐとよいでしょう。

竜王との決戦

B7Fまで下りると、レミーラや「たいまつ」を使わなくても明るいフロアになり、右側に竜王の姿が見えます。中央の宝物庫からアイテムを入手したら、竜王との最終決戦に挑みましょう。竜王との会話では仲間になる選択を迫られますが、ここで「いいえ」を2回連続で選べば戦うことができます。まずはりゅうおう(変身前)と戦い、これに勝つと竜の姿のりゅうおう(変身後)が出現します。確実に倒したいなら、少なくともレベルを20以上にしてから戦いましょう。変身後の竜王を倒せば光の玉を取り戻し、すべてのモンスターが消滅して世界に平和が訪れます。その後、ラダトームの城へ戻ればエンディングとなります。

竜王の誘いに乗ると?

竜王との会話で「はい」を2回続けて選ぶと、竜王と手を組んでしまいますが、SFC版以降ではリムルダールの町の宿屋で悪夢を見ていたことになり、特に被害もなくそのままゲームを続けることができます(竜王の城で入手したアイテムなどもすべて持ったまま)。FC版では夢オチとはならずに実際に竜王の仲間になり、世界の半分を手に入れてゲームオーバーになります。その時に表示される復活の呪文でゲームを再開すると、レベル1でアイテムやゴールドをまったく持っていない状態からのスタートとなります。